神山吉光が吠える

<第70回>年頭所感

2017.12.28




2018年 元旦更新 〈第70回〉




新年あけまして       
  おめでとうございます



 2018年(平成30年)。輝く新年を迎えるに当たり、皆様方のご多幸を謹んでご祈念申し上げます。
 どうぞ本年も「神山吉光が吠える」を、ご愛読賜りますようお願い申し上げます。

                       ◇       ◇

       年頭所感

天皇陛下と沖縄

 本年は改元前年。平成時代もいよいよ明年4月に幕を閉じる。平成の30年間、天皇、皇后両陛下は、内外を巡り行動することで喜びや悲しみを分かち合う新たな象徴像を築かれた。戦争の傷跡にも真正面から向き合われた。

 特に沖縄との関係だ。2013年4月28日「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」が開かれた。

 同式典は1952年の4月28日、いわゆる日本が独立を記念するサンフランシスコ講和条約が発効したことから、主権の大切さを考えるために政府が主催したものだ。



 両陛下もご臨席なされたが、陛下にはある種の戸惑いがあったようだ。宮内庁によると、当時、陛下は庁内の各参与に意見を求めて「サンフランシスコ講和条約当時は、沖縄はまだ主権が回復してなかったのに・・」と、疑問を呈されたという。



サンフランシスコ講和条約によって、沖縄は米国の占領が続き、沖縄が本土復帰したのは72年だった。両陛下は「本土防衛」のために多大な犠牲を払った沖縄に、皇太子時代から10回も訪れて慰問された。


平成天皇が心底からの沖縄思いであられた証である。改元前年の年頭に当り平成天皇の沖縄思いが新天皇にも踏襲されることを願う。


安倍内閣の正念場

 安倍内閣は、2012年12月の第二次内閣の発足から丸5年を超えた。その間、安倍首相は人事で安定性を重視し、政権を揺るがすような失敗は極力避けた。そして、その安定した政権運営で、「安倍一強」の基盤を着々と固めてきたが、今後を見渡した時、最大の課題はなんといっても悲願の憲法改正であろう。

 第一次安倍内閣時代(2006年9月~07年9月)に成立した改憲手続きを定める「国民投票法」のことを、安倍首相は憲法改正に渡るいわゆる「橋」であると称した。確かにそのように思える。

 政権が発足した5年間は、参院で過半数の議席を得てなかった。ところが、13年、16年の参院選では連勝し、14年、17年の衆院選でも圧勝することで、改憲発議に必要な「衆院3分の2」の議席を確保し、憲法改正を政治課題に乗せることに成功した。

 すなわち首相は、先の衆院選の大勝利によって渡る橋に大きな足音を轟かせたのである。

 しかし、新年から渡る橋の先を見渡した時、現在は比較的に穏やかではあるが、改憲問題で野党よりも政権内の公明党が大事なところで、渡る橋の妨げになりはしないのか。つまり〝敵前逃亡〟だ。


 また、憲法改正の発議はしたものの、公明党・創価学会が国民投票の段階になって、本当に選挙のように熱心に動いてくれるのかどうか、大いに気になるところだ。


 安倍首相は、第二次内閣の発足当初に、改憲の発議要件を緩和するために憲法9条の「先行改正」を目論だが、思うように政権内の同意と国民の理解が広まらず無念にも取り下げた経緯がある。

 その試練を受けて、今度は9条改正による自衛隊の明記に照準を当てつつ与野党の意向も踏まえながら、首相は悲願の憲法改正で「正面突破」を図ろうとしている。

〝いざ鎌倉〟ある局面で首相は、泣いて馬謖を斬る決断も必要だろう。安倍内閣にとって、憲法改正問題はどうやら新年から向こう3年間程度が正念場と言えそうだ。

<完>



ーーーーーーーーー<次号、現代公論のご案内>ーーーーーーーーーーー



  2017年「冬季号」目次概況   




定期購読者拡大キャンペーン実施中

 「冬季号」から誌面サイズを従来のB5判から、手軽で利便的なA5判に改善し、頁は60頁から72頁に増頁、そして、定価も650円から600円(税込)に値下げして,お求め易くなります。

 また、従来の定期購読者の購読料は4回分前納制から配本後に1回単位の後納制に移行し、新規の定期購読者は1回単位の前納制になります。どうぞ、定期購読ご希望の読者はご指定の方法でお申込みください。