神山吉光が吠える

<第69回>「米軍よ もういい加減にせんかい」

2017.12.15



                                2017年 12月15日 更新 〈第69回〉



大惨事を思わせる米軍機事故

 沖縄県民は誰もが「またか!」という思いがするだろう。絶対に許せない米軍機による事故がまた起こった。


 13日午前10時頃、米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリの窓が宜野湾市立普天間第二小学校の運動場に落下したのだ。落下した窓には金属製の外枠があって、重量が7,7キロもあり、事故発生時には体育の授業で落下地点から10メートル横には子ども達が54人もいたという。一歩間違えば大惨事になるところだった。

 おりしも13日、事故当日はあの普天間所属のオスプレイが名護市安部の海岸に墜落して1年。その間、沖縄県民は基地の負担軽減を訴えつづけてきたが、それどころか米軍はまるで同事故の一周年記念を象徴するような事故を再び沖縄県民の前に曝け出してしまった。


 いわんや、今回の事故は1週間前に1キロ離れた緑ヶ丘保育園の屋上にも米軍ヘリの部品が落下したと見られる事故が発生し、近いうちに又何かが起こるのではないか、と県民の不安と怒りがいつもとなく高まっている最中の出来事である。

 今回事故を起こしたCH53Eの前身ヘリCH53D大型輸送ヘリは、2004年に宜野湾市の沖縄国際大学に墜落し、沖縄県民の脳裡にはその事故のことが現在も強く焼き付いている。

 また今回のCH53Eヘリは1999年に国頭村安波沖で墜落し、乗組員4人が死亡。特に今年になってからも6月に久米島空港に緊急着陸し、10月には東村高江で炎上の事故を起こしている。そして今回の事故だ。

 国を守るためには、日米安保の狭間で一定の基地負担は容認するものの、このような事故の多発は絶対に看過できない。米軍はもういい加減にして欲しい。

翁長知事の生ぬるい対応と沖縄二紙の変化

 翁長知事も事故当日は現場を視察し、<「一番事故があってはならない場所だ」と述べ、日米両政府へ強く抗議する意向を示した。知事は「日本やアジア地域の安全保障を守るために、沖縄だけが危険な目に遭っている」と指摘。相次ぐ事故により県民の生命、財産が脅かされている現状を「不条理」と表現した上で「差別的な安全保障の在り方を政府にも米軍にも伝えないといけない」と訴えた。さらに「事故はまたいつ起きるか分からない」と述べ、政府が県と約束した普天間飛行場の5年以内の運用停止を改めて求める考えを示した。>(14日沖縄タイムス)

 県議会も与野党を問わず一斉に反発し、米軍と沖縄防衛局に抗議をした。これまでと変わらないパターンではあるがそれは当然のことだ。

 ただ、大惨事前とした事態に直面して、沖縄県政の最高責任者として知事には本当にあの程度の抗議でいいのかどうか、どうも生ぬるい感じがする。

 知事は事故当日、現場に駆けつけては行ったものの、同日にポール・ロック米海兵隊太平洋司令官が謝罪の為に県庁を訪れた際には、富川副知事に対応を任せた。知事にはテーブルを叩いて満身の怒りで抗議して欲しかったが、翁長知事は加害者的立場の司令官と直接の対応さえしなかった。そして14日には抗議の為に上京したものの、安倍首相との面談はかなわず、知事が抗議の為に面会できたのは14日に山本防衛副大臣と15日の菅官房長官だ。


 もとより政府側の対応も問題だが、同時に県政を預かる翁長知事の政治的非力と米軍事故の抗議に対する知事としての抗議手法そして迫力不足も問題だ。


 どうしても我慢が出来なかったのか、珍しく「沖縄タイムス」と「琉球新報」の14日、15日の「社説」は次のように結んでいる。


<ーオスプレイに関する問題の発信が弱いことは否めない。県を中心に全国への発信を強化し共感する知事を増やす必要がある。米軍基地問題を全国的な問題にすることで、オスプレイの配備撤回を実現したい。ー>(15日琉球新報)


<ー事故のたびに同じことが繰り返されるのは、沖縄の側の「弱さの表れ」という側面もある。「弱さ」とは、政府や米軍を本気で動かすだけの取り組みが足りない、という意味である。選挙中は抗議行動にも議会決議にも熱心だが、選挙が終わると後が続かない。
政府は沖縄のそのような弱点を熟知しているから、いつも敏感に反応するが、抜本的な対策を打ち出すことはなく、事故は繰り返される。
状況を根本から変えるような大きな取り組みが必要だ。ー>(14日沖縄タイムス)。平素から翁長県政を支持している沖縄二紙にもこのように変化が見られる。

 同感だ。両社説の結び部分は沖縄二紙の翁長県政への批判と警鐘の予兆がする。そうであれば大いに結構だ。翁長知事には日米安保を堅持するためにも、米軍の事件事故が多発しないように政府と米軍に対して断固と立ち向かって欲しいものだ。

                              <完>



     ーーーーーーーーー<次号、現代公論のご案内>ーーーーーーーーーーー




                  2017年「冬季号」目次概況   



定期購読者拡大キャンペーン実施中

 「冬季号」から誌面サイズを従来のB5判から、手軽で利便的なA5判に改善し、頁は60頁から72頁に増頁、そして、定価も650円から600円(税込)に値下げして,お求め易くなります。

 また、従来の定期購読者の購読料は4回分前納制から配本後に1回単位の後納制に移行し、新規の定期購読者は1回単位の前納制になります。どうぞ、定期購読ご希望の読者はご指定の方法でお申込みください。