神山吉光が吠える

<第68回>政治は国民を映す鏡

2017.11.07


                                    2017年 11月7日 更新 〈第68回




 突然の衆院選。希望の党を中心とする野党は一丸となって、自民党の政策と安倍一強政治を批判して選挙に臨んだが、国民の審判はそうならなかった。

 また、大方のメディアも安倍政権批判に風を吹かそうとしたが、国民の厳粛な審判にはどうしても敵わなかった。

 結局、選挙は自民党が過半数を遙かに超えて284議席、自公で313議席も獲得して与党が大勝したのだ。野党分断の起因を構築した小池新党が、結果的には安倍政権の勝利に功を奏したのである。

 確かに、比例区で与党は全野党の全国的な得票率では劣るが、しかし、日本は歴然とした議会制民主主義の国だ。制席と国民の審判は崇高であり、選挙結果は何人も否定することは出来ない。安倍一強政治と野党多弱もまた、選挙の結果から生れた賜物である。

 それよりも批判されるべきは、選挙直前に当選するがために自らの信念を捨てて、私利私欲に走った野党第一党の醜い分裂劇、すなわち、総体として政治家の劣化だ。そして、とうとう選良をここまで至らしめた国民の自責である。 

 サミュエル・スマイルズの遺した不朽の名著「自助論」には、次のようにある。

 <一国の政治というものは、国民を映し出す鏡にすぎません。政治が国民のレベルより進み過ぎている場合には、必ずや国民のレベルまで引きずり下ろされます。反対に、政治のほうが国民より遅れているなら、政治のレベルは徐々に上がっていくでしょう。国がどんな法律や政治を持っているか、そこに国民の質が如実に反映されているさまは、見ていて面白いほどです。これは水が低きにつくような、ごく自然の成り行きなのです。立派な国民には立派な政治、無知で腐敗した国民には腐り果てた政治しかあり得ないのです。>

 この頃は、若い政治家の堕落、不祥事が本当に多過ぎる。要するに、優秀な政治家を育てる責任の一端は、私たち国民の側にもあるということだ。



ーーーーーーーーー<次号、現代公論のご案内>ーーーーーーーーーーー



  2017年「冬季号」目次概況   


定期購読者拡大キャンペーン実施中

 「冬季号」から誌面サイズを従来のB5判から、手軽で利便的なA5判に改善し、頁は60頁から72頁に増頁、そして、定価も650円から600円(税込)に値下げして,お求め易くなります。

 また、従来の定期購読者の購読料は4回分前納制から配本後に1回単位の後納制に移行し、新規の定期購読者は1回単位の前納制になります。どうぞ、定期購読ご希望の読者はご指定の方法でお申込みください。