プロジェクト

沖縄県産品振興プロジェクト 大型企画本

現代沖縄
郷土の産品

~国内外に拡大する

沖縄県産品の優秀性~

企画前段のご案内

企画宣言

沖縄産品の啓発と販路拡大

近年、沖縄経済は観光や消費、そして公共投資や設備投資などが堅調に推移し、それが牽引となって確かに県内景気も拡大しています。

しかしながら貿易収支では、2017年だけでも総輸出高が324億4千7百万円であるのに対して、総輸入高が1947億9百万円になり、1年間で1622億6千万円余の輸入超過に陥っています。沖縄の復帰後からその格差の割合は変わることなく歴然としています。

従って、好況の沖縄経済を安定的に強固にするにはこのような慢性的な貿易の不均衡を将来的に是正する必要があります。

それにはどうしても地場産業の育成強化と沖縄産品の販路拡大が緊要であります。

本書『現代沖縄「郷土の産品」』が、多様化する消費者の情報ニーズに応えた編集スタイルで、県産品の優秀性と魅力を紙面で強かに強調し、関係企業の協賛を仰ぎながら沖縄産品の啓発と販路拡大の一翼を担うことを宣言いたします。

株式会社閣文社 代表取締役社長神山吉光

出版企画の起源~古きを尋ねて新しきを知る~

温故知新 ~過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらく~ 本出版企画の起源は、1968年米軍統治下にあった沖縄で、弊社の潜在的な前身会社である沖縄こども新聞社から発行された『郷土の産品』にあります。

沖縄の復帰前、当時「沖縄島産品愛用運動」の一環として、島産品に関する県民の理解と関心を高めるために、琉球政府文教局(局長 赤嶺義信)をはじめ、琉球商工会議所(会頭 国場幸太郎)、琉球工業連合会(会長 具志堅宗精)の推奨によって「郷土の産品」という本が出版され、米軍支配下に喘ぐ沖縄産業の振興に一石が投じられています。同書には、50年前の沖縄県産品と製造会社の紹介、県産品の原料と製造工程、そして、販売経路などを写真と図解、豊富な統計資料などを用いて、学校現場でも教材用として使用できるように編集され、当時、琉球政府文教局からも高い評価を得ています。現在、同本は絶版になっておりますが、沖縄県立図書館と琉大図書館では見ることが出来ます。館外持出不可。では同本のイメージから紹介しよう

世界にとどけ沖縄県産品~本出版企画もその後押しに~

第42回「沖縄産業まつり」が、那覇市の奥武山公園と沖縄県立武道館で開催された。(10月19日~21日)

今回のテーマは「うちなー発 世界にとどけ県産品」。今後、閣文社で企画出版される現代版「郷土の産品」も、沖縄県産品(特産品)の販売拡大を主眼に編集し、全国的な通販網とも提携して企業側の販売促進を強力に後押しいたします。

「沖縄産業まつり」は、県内の全産業を網羅した沖縄最大の産業イベントに位置付けられ、今年は502社が出展し、沖縄産品の優秀性を県内外に発信しています。近年、沖縄県産品は企業側と官民による不断の努力によって、その品質が飛躍的に向上し、沖縄産品の市場は国内外に限りなく広がりつつあります。この時勢に再び甦る沖縄産業振興の大型企画本、待望の現代版『郷土の産品』は、現在、プロジェクトチームを編成して企画調整中。その「出版要綱」は順次にHPで更新いたします。どうぞご期待ください。

★出版実施要綱★

1現代沖縄『郷土の産品』取材エリア

<順位不動>

  • 1琉球泡盛
  • 2ビール
  • 3調味料
  • 4飲料水
  • 5食料品
  • 6健康食品
  • 7健康飲料
  • 8菓子類
  • 9衣料品
  • 10陶器
  • 11民芸品
  • 12木工・工業品
  • 13化粧品
  • 14紙工品
  • 15琉球ガラス
  • 16畜産物
  • 17農芸(花)
  • 18その他

2 現代沖縄「郷土の産品」骨格

編集理念
沖縄県産品の啓発と販路拡大

プロローグ
沖縄県産品奨励運動の歩み(写真)

『郷土の産品』発刊に寄せて ~県産品の啓発本に~

  • ●沖縄県
  • ●内閣府沖縄総合事務局
  • ●沖縄県工業連合会
  • ●沖縄商工会議所連合会
  • ●沖縄県教育委員会
第1章
品質優良の沖縄県産品 ~紙上で見る県産品の優秀性~
第2章
主要県産品の製造工程 ~原料から商品化までの全行程~
第3章
製造元企業点描(紹介) ~県産品の生産動機と会社紹介~
第4章
沖縄県産の健康食品 ~選び抜かれた健康長寿の大源泉~
第5章
待望の新開発分野30選 ~新開発商品の現況と展望~
第6章
地域独得の生産・逸品 ~地方に根差した自治体の推奨品~
第7章
沖縄県産品総目録 ~一目で分る沖縄産品総覧~
第8章
座談会「世界に羽ばたけ県産品」 ~識者による提言~
第9章
総合資料編 ~沖縄産業振興の為に~
第10章 協賛広告 「躍進する郷土の産業」

※現段階の「骨格」及び「出版工程」は、作業の進行状況及び関係機関との調整で変更する場合があります。

3 ★「郷土の産品」出版工程表★

― 企画から発行まで ―

  • 1企画会議
    (2018年8月)
  • 2市場調査
  • 3商品エリア選定
  • 4著書名決定
  • 5企業エリア選定
  • 6編集会議
    (2019年1月)
  • 7取材・資料収集
  • 8編纂総括
  • 9原稿校閲
  • 10紙面割付
  • 11企業側校正
  • 12補足編集作業
  • 13編集会議
  • 14印刷出稿
    (2019年4月)
  • 15校正全般
  • 16資材選択
  • 17印刷・製本
  • 18完成見本検品
  • 19取次・書店納品
    (2019年7月)
  • 20発行・一般発売
    (7月沖縄県産品奨励月間)

現代沖縄『郷土の産品』
「標語」の募集について<お知らせ>

沖縄産品の品質優秀性を内外に強調し、販路を拡大するための「標語」を下記の通り募集します。

  • ①使用する言語・・・日本語または沖縄方言。但し、沖縄方言の場合は( )の中に日本語訳を入れること。
    例: 日本語 「作って、売れて、買って喜ばれる郷土の産品」
    沖縄方言 「わった―、うちなーむんぬ、 ゆたさ、ちゅらさ」(われら沖縄産品の優秀性)
  • ②字数・・・・・・・15字~25字程度
  • ③締切日・・・・・・2019年3月31日
  • ④応募方法・・・・・ハガキやメールまたはFAXを用いてご応募ください。
  • ⑤結果発表・・・・・応募の中から10作品を選定し、当選標語は各章トビラの表面に作者名と共に表記いたします。

その他の出版要項は、現在 企画調整中